スポンサードリンク


皮膚科でにきびのを治す方法


皮膚科でにきびのを治す方法

皮膚科でにきびを治す方法はいくつかあります。

ケミカルピーリングとは、グリコール酸を肌の表面に塗布をして、肌表面の古い角層を取り去りります。そして、肌の細胞に刺激を与えて活性化を促進させるにきびを治す方法です。毛穴のつまりを解消し、にきびの炎症をおさえ、肌細胞を新しく生まれ変わらせていくことから、にきびを治す画期的な方法として行われています。

イオン導入とは、素肌に直接ぬるだけでは肌の奥まで浸透しない必要な栄養素をイオン化し、微弱電流の作用により、素肌の深いところまで浸透させるにきびを治す方法です。

光治療とは、光と熱でにきびを治す方法で、殺菌効果と、余分な新生血管を破壊する効果でにきびの治療を行います。

内服薬・外用薬を使用するにきびを治す方法は、外用薬のダラシンローションは、赤く化膿しているにきびに効果があります。内服薬として効果があるのは、ビタミン剤、抗生剤の内服薬や漢方薬などがあります。
posted by にきび治療 at 22:58 | Comment(1) | TrackBack(1) | 皮膚科でにきびのを治す方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。