スポンサードリンク


顔にきびを治す方法


顔にきびを治す方法

顔でにきびのできやすい場所は、おでこ、眉間、鼻、小鼻、口周りなど特に皮脂分泌の多いTゾーンです。それぞれの場所にできるにきびの状況は様々です。にきびの状態にあったにきび治療が必要となります。

顔にきびを治す方法として、にきびの症状が軽度の場合は、外用薬や漢方なども効果があります。少し症状が悪化したり、若干化膿した場合は、殺菌するために、抗生物質の内服治療を行い、化膿を抑制します。

さらににきびが慢性化し炎症をおこしたり、赤にきびへと進行した場合はレーザー治療やケミカルピーリングを初めとした光治療を行う必要がでてきます。またあまりにもにきびの瘢痕が根深い場合は手術治療による切除も考えられます。

正しいにきびの治し方を知ることは、にきび治療のだ一歩です。顔にきびを治す方法を自分で判断できずに迷う場合は必ず皮膚科へ相談しましょう。
posted by にきび治療 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顔にきびを治す方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。