スポンサードリンク


にきび跡の治療


にきび跡の治療

にきびの手入れが、上手にできないと炎症がひどくなってにきびが治ってもにきび跡が残る場合があります。このにきび跡は、特に女性にとっては辛いものです。

にきび跡を治療する方法の一つは、レーザー治療です。レーザー治療とは、正常な組織には傷をつけず、治癒が早く痛みの少ないという特徴を持っています。
しかし、一回の治療では効果が少なく、数回の治療が必要となるケースが一般的になります。

その他にビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体とは、皮膚から吸収されないビタミンCを吸収できるというのが特徴であり、皮膚学会で発表されているのは、酸型タイプと脂溶性ビタミンC誘導体の2種類になります。

ビタミンC高濃度が高いほうが効果は良いとされています。しかし、個々それぞれ肌の状態によって変化しますので、100%良いという訳ではありません。その人にあった濃度があるという事も念頭においておくと良いでしょう。

また、にきび跡治療にはケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などの化学物質を使い古くなった皮膚の角質を除去します。そして、自然治癒力によって肌のサイクルを正常に戻ます。さらに、新陳代謝を活発にして肌の再生を促します。
posted by にきび治療 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび跡の治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。