スポンサードリンク


にきび予防と便秘


にきび予防と便秘

にきびのできる原因のひとつは便秘と言われています。便秘になると、食物が腸内で発酵状態が悪くなり、有毒物質が発生しやすくなります。有害物質が発生すると、血流に乗って全身にいきわたり悪影響を及ぼします。

便秘はにきびの原因になるだけでなく、肩凝りや病気の原因になるとも言われています。便秘になると栄養素や、美肌に必須のビタミンやミネラルなども腸から吸収されにくく栄養不足になり、肌荒れや病気などの原因にもなります。

便秘になるのは、ストレスや不規則な食生活、食物繊維が不足する、運動不足などの原因が考えられます。
現在の生活習慣を考慮して、ストレスをためず、適度な運動を楽しみ、食物繊維の豊富な食べ物を摂るなど楽しみながら続けてみてはいかがですか。
posted by にきび治療 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。