スポンサードリンク


にきびとは


にきびとは

にきびとは皮膚の炎症性の病気でアクネとも言います。にきびができやすい場所は、体から皮脂が多く分泌され手いるところです。
にきびの原因は、皮脂を分泌する毛穴が何らかの理由で詰まることです。

にきびの種類は、黒にきびと白にきびがあります。どちらとも毛穴の中に皮質や角質がたまり、毛穴から中身が見えている状態を黒にきび、毛穴が閉じて中が見えない状態を白にきびと言います。

皮膚に付いている細菌が詰まった毛穴で増殖して、黒にきび、白にきびの状態から赤いにきびになります。細菌が増殖すると皮膚に中の炎症を引き起こすたんぱく質を刺激して炎症が起こります。
さらに、炎症がひどくなり、膿がたまって黄色い部分ができ、毛穴が破れて中身が流れ出し炎症が広がります。

毛穴が破れて炎症が広がると、皮膚の深い部分を傷つけると、炎症が治っても傷などが残る可能性があります。
タグ:にきび
posted by にきび治療 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。