スポンサードリンク


皮膚科でにきびのを治す方法


皮膚科でにきびのを治す方法

皮膚科でにきびを治す方法はいくつかあります。

ケミカルピーリングとは、グリコール酸を肌の表面に塗布をして、肌表面の古い角層を取り去りります。そして、肌の細胞に刺激を与えて活性化を促進させるにきびを治す方法です。毛穴のつまりを解消し、にきびの炎症をおさえ、肌細胞を新しく生まれ変わらせていくことから、にきびを治す画期的な方法として行われています。

イオン導入とは、素肌に直接ぬるだけでは肌の奥まで浸透しない必要な栄養素をイオン化し、微弱電流の作用により、素肌の深いところまで浸透させるにきびを治す方法です。

光治療とは、光と熱でにきびを治す方法で、殺菌効果と、余分な新生血管を破壊する効果でにきびの治療を行います。

内服薬・外用薬を使用するにきびを治す方法は、外用薬のダラシンローションは、赤く化膿しているにきびに効果があります。内服薬として効果があるのは、ビタミン剤、抗生剤の内服薬や漢方薬などがあります。
posted by にきび治療 at 22:58 | Comment(1) | TrackBack(1) | 皮膚科でにきびのを治す方法

顔にきびを治す方法


顔にきびを治す方法

顔でにきびのできやすい場所は、おでこ、眉間、鼻、小鼻、口周りなど特に皮脂分泌の多いTゾーンです。それぞれの場所にできるにきびの状況は様々です。にきびの状態にあったにきび治療が必要となります。

顔にきびを治す方法として、にきびの症状が軽度の場合は、外用薬や漢方なども効果があります。少し症状が悪化したり、若干化膿した場合は、殺菌するために、抗生物質の内服治療を行い、化膿を抑制します。

さらににきびが慢性化し炎症をおこしたり、赤にきびへと進行した場合はレーザー治療やケミカルピーリングを初めとした光治療を行う必要がでてきます。またあまりにもにきびの瘢痕が根深い場合は手術治療による切除も考えられます。

正しいにきびの治し方を知ることは、にきび治療のだ一歩です。顔にきびを治す方法を自分で判断できずに迷う場合は必ず皮膚科へ相談しましょう。
posted by にきび治療 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顔にきびを治す方法

おとなにきびを治す方法


おとなにきびを治す方法

おとなにきびの原因は、紫外線等の外的刺激が原因で肌の角化により、分泌される皮脂と絡まって毛穴が詰まることです。

おとなにきびは、原因が分かりやすいのが特徴です。おとなにきびの原因ひとつひとつ解決していく治療法になります。したがって、おとなみきびを治す方法はレーザ治療、IPL治療等の光治療等が主流となります。

もちろん、状況によっては抗生物質の内服治療や外用薬治療、手術治療も必要となる場合があります。しかし最も重要なおとなにきびを治す方法は、毎日の洗顔ですので正しい洗顔やこまめな洗顔をするようにしましょう。
posted by にきび治療 at 07:27 | おとなにきびを治す方法

あごにきびの治療


あごにきびの治療

あごにきびは、他のにきびと比較し、治りにくい傾向があります。体質にもよりますが、肌の弱い人などは、皮膚科の専門治療を考えるてはいかがでしょうか。

あごにきびの治療方法としては、ケミカルピーリング治療、レーザーフェイシャル治療、イオン導入治療、IPL治療、圧出治療などがあります。これらのあごにきび治療方法は、皮脂分泌を抑制し、正常な肌に戻すための治療です。


あごにきびの予防は洗顔です。洗顔の効果は毛穴や、その周辺を清潔に保ち、汚れや古い皮脂などを溜めないように取り除きます。

しかし、洗顔料を使った過剰な洗顔は、逆効果になることもあります。例えば、取られた油分を補うため皮脂が多く分泌されて、それがにきびの元になってしまう可能性もあるからです。

あごにきびは、放置しておくと、赤ニキビが発生し、さらに化膿して悪化する場合がありますので、早目の対策と治療が必要になります。
posted by にきび治療 at 07:34 | あごにきびの治療

背中にきびを治す方法


背中にきびを治す方法


背中のにきびを治す方法は、、顔の場合と違いよく観察できないので予防や治しにくくなります。背中の場合は自分では見えないので、最初は皮膚科で診断してもらうことを考えてください。

背中にきびの予防にはにきびが出来やすい背中の中央部を清潔に保つことが重要なことです。普段は意識していない人が多いのが、洗髪後のシャンプーが背中に残り、背中の汚れの原因になることです。入浴時の洗髪後はシャンプーをよく落とし、背中を洗う工夫が必要になります。

背中にきびを治す方法も基本的には顔にきびを治す方法治と同じになります。背中にきびの進行状態により治す法や治療薬を選択する必要があります。背中にきびの場合は特に治療後の管理が顔にきび以上に難しくなります。汗や皮脂が溜まらないように下着やシャツの着替えをマメに行うなど清潔に保つ事です。

posted by にきび治療 at 07:34 | 背中にきびを治す方法

背中にきびの原因


背中にきびの原因

背中にきびの原因は、皮脂の過剰分泌と肌ターンオーバーの乱れによる毛穴の詰まりの場合が多いです。その他、入浴時の洗髪で使用するシャンプーやリンス等の洗剤の残存成分が背中にきびの原因となります。

背中にきびは自分では見えない為に、気づかづに放置しがちになります。放置するとにきび範囲が拡大します。そのため背中にきびで悩む方も多いのです。しかし、シャンプーを交換したり、入浴時の洗浄順を変更しただけで背中にきびが治る場合もあります。

背中にきびは、食事などの生活習慣を変えたり、にきびの出来やすい背中の中央部分を常に清潔に保つようにすると随分症状は軽くなる場合が多いです。
posted by にきび治療 at 07:38 | 背中にきびの原因

あごにきびとは


あごにきびとは

あごにきびは、にきびの全盛期である思春期を過ぎた大人のひとに多くできるため、別名、『大人にきび』とも言われています。

あごに、にきびができる原因は、男性ホルモンが活発に働く場所で、その結果皮脂の分泌量が増えます。皮脂の分泌量が増えると毛穴が詰まりやすくなります。

男性ホルモンが原因のあごにきびが、なぜ女性にも発生するのでしょうか?それは、ホルモンのバランスが崩れると云う説が、最も有力な原因として考えられています。

つまり、ストレスなどの原因により、女性ホルモンよりも、男性ホルモンの方が活発になってしまい、その結果、皮脂量が増え、毛穴が詰まりやすくなり、にきびが発生すると言うメカニズムです。
posted by にきび治療 at 13:51 | あごにきびとは

にきび対策の方法


にきび対策の方法

にきびの対策として日常でもできることを紹介します。
先ずはじめは洗顔です。洗顔は、朝晩2回すると良いでしょう。スポーツなどをして汗をかいたときは、直ぐに洗顔するといいですよ。注意点として、皮脂を落とそうと強くごしごし洗うと逆効果になります。全体を丁寧にやさしく洗いましょう。

食事は、栄養のバランスを考えることです。ビタミン類、カルシウム、食物繊維など不足しがちな栄養分の摂取に気おつけましょう。また、不規則な食事はにきびに良くありません。間食を減らし、決まった時間に食事ととるようにしましょう。

にきびの間違った対処法は、マッサージをしたり、にきびをつぶすことです。特ににきびをつぶすことは、皮膚を傷つけてしまい、にきび跡が残りやすくなるのでやめましょう。
posted by にきび治療 at 07:37 | にきび対策の方法

にきび跡の治療


にきび跡の治療

にきびの手入れが、上手にできないと炎症がひどくなってにきびが治ってもにきび跡が残る場合があります。このにきび跡は、特に女性にとっては辛いものです。

にきび跡を治療する方法の一つは、レーザー治療です。レーザー治療とは、正常な組織には傷をつけず、治癒が早く痛みの少ないという特徴を持っています。
しかし、一回の治療では効果が少なく、数回の治療が必要となるケースが一般的になります。

その他にビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体とは、皮膚から吸収されないビタミンCを吸収できるというのが特徴であり、皮膚学会で発表されているのは、酸型タイプと脂溶性ビタミンC誘導体の2種類になります。

ビタミンC高濃度が高いほうが効果は良いとされています。しかし、個々それぞれ肌の状態によって変化しますので、100%良いという訳ではありません。その人にあった濃度があるという事も念頭においておくと良いでしょう。

また、にきび跡治療にはケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などの化学物質を使い古くなった皮膚の角質を除去します。そして、自然治癒力によって肌のサイクルを正常に戻ます。さらに、新陳代謝を活発にして肌の再生を促します。
posted by にきび治療 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきび跡の治療

にきび予防と便秘


にきび予防と便秘

にきびのできる原因のひとつは便秘と言われています。便秘になると、食物が腸内で発酵状態が悪くなり、有毒物質が発生しやすくなります。有害物質が発生すると、血流に乗って全身にいきわたり悪影響を及ぼします。

便秘はにきびの原因になるだけでなく、肩凝りや病気の原因になるとも言われています。便秘になると栄養素や、美肌に必須のビタミンやミネラルなども腸から吸収されにくく栄養不足になり、肌荒れや病気などの原因にもなります。

便秘になるのは、ストレスや不規則な食生活、食物繊維が不足する、運動不足などの原因が考えられます。
現在の生活習慣を考慮して、ストレスをためず、適度な運動を楽しみ、食物繊維の豊富な食べ物を摂るなど楽しみながら続けてみてはいかがですか。
posted by にきび治療 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの予防

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。